<< 着信あり2 | main | あたる >>

like

フェイスブックにはアカウントはありますが,まったく開かず,稀に知人への連絡手段としてしか使いません。自分に残された時間を取られるのがもったいないことと,そもそも頻繁に仕様を変更するソフトウェアには共感できません.

フェイスブックに【いいね!】ボタンがあります.元のアメリカ版だと【Like】ボタンなのですが,それをいいね!と訳した人がいるのですね.

たとえば,誰かのフェイスブックへの書き込みとして,「昨日,お世話になった恩師のお通夜に行ってきました」とあったとき【いいね!】は押せない.敢えて押してもいいですけども.でも【Like】なら押せます.つまり,【Like】は決して【いいね!】ではないのです.

形容詞としてのlikeの語源・初期において意味したところをざっと調べると,「同じ特性や性質を持っていること」となっています.そこから「感じ方が似ている・共感を覚える」というニュアンスが出てきます.したがって,悲しい話に対して【Like】を押しても,それを分かっている人の間では違和感は大きくない.一緒に泣いてくれている,と.

一方,逆に,【いいね!】の訳が【Like】だとするには,動詞のlikeの第一義,“Think something is nice (to enjoy something or think that it is nice or good)”(ロングマン英英辞典)になるのでしょう.こちらの意味「好きだ・気に入る・好む」を我々は学校で「似ている」よりも先に習います.“I like music.”とか.何か・誰かを好きになるということは,まずはそのものに共感することが根底にあるわけです.それでその心の動きをlikeという.

ということで,フェイスブックの【いいね!】は変えた方がいい.とは言え【共感します】じゃあ固すぎるしね.【共感しますどすえ】もっとダメ.もういっそ共感する態度の表明もやめにして,そしてそもそもの話題も他愛のないものが多いようなら単に,【読んだで】ボタンとかどうでしょうか.そう言えばどこかの書き込みに【いいね!】じゃなくて【どうでもイイね!】ボタンが欲しいって書いてありましたね.

人間は社会性のある動物と言われますが,わたしはときどきそれを多少なりとも処分したくなります.

JUGEMテーマ:日常。

コメント
なるほど、Likeはそういう意味なんですね
確かにいいねとは違う
「読んだよ」ボタンでいいと思います
フェイスブックはあまりにいちいちメールで口を出してくるのが嫌になって去年アカウント削除しましたorz
フェイスブックも含めてウェブサービスから勝手に送られてくるメールは,フィルタリングして既読フラグをつけた上で「帰ってよ」フォルダに分類しております.
  • notsure
  • 2013/09/06 8:57 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode