<< Mr. Steven Paul Jobs has passed away. | main | google chromeでの類似画像検索 >>

軍用双眼鏡

CIMG0237.JPG

1936年ごろからドイツの軍用双眼鏡としてEmil Busch社がいくつかの生産工場で作り始めた双眼鏡.数年前にロンドンの露天骨董品商でまたも衝動的に買って(ポートベロー通り),本体はセータにくるんでスーツケースに入れて,三脚は別途空輸してもらって入手しました.

倍率が10倍,対物レンズの径が80mmでかなり視野が広く(およそ75度).また明るい(ひとみ径が8mm)ので,夜空の鑑賞にも使えます.

外観はピカピカに仕上げてありますが,元は以下のような姿です.最初の画像の手持ちのものは対物レンズの先にステンレスのスリーブ(筒)が装着されています.

この画像はObjectif-APOより拝借.

本体の横に記号を使って生産工場の場所,内部に使ってあるグリースの耐冷温度などの仕様が刻まれています.手持ちのものは(写真を忘れました)バードクライツナッハ(Bad Kreuznach)にある(あった?)シュナイダー社(Schneider)によるものでした.また,グリースの耐冷温度はマイナス40度まで.

軍用双眼鏡にはまったく知識が無かったのですが,いろいろページを調べていると,ヨーロッパには古い双眼鏡を手に入れて維持するコミュニティもあるようで,以下のページが参考になりました.

Objectif-APO
Cloudy Nights Telescope Reviews

手持ちのものの三脚は元々この双眼鏡用のものではなく,これも三脚に刻まれた刻印の記号を検索して調べると,どうやら自動小銃を載せて使った三脚のようでした.これを上の部分を加工して双眼鏡が載せられるようにしてあります(取り外し自由).


この画像はObjectif-APOより拝借.

画像の左側にあるツマミは4段階に切り替えられ,これを回すとフィルターの濃度が切り替わります.フィルタは双眼鏡で見たい物の方角に太陽が有った場合に使います.一番濃い段階にすると敵機(飛行機)が太陽を背にしてこちらにやってきた場合にも,それを見つけることができるわけです.一方,右上のツマミは接眼レンズの間を広くしたり狭くしたりするために使います.

CIMG0236.JPG

***

双眼鏡を買う場合の注意点は「高倍率で対物レンズが小さいものは買ってから困る」ということになります.ときどき,150倍でハンディタイプの物などが売られていたりしますが,このようなものは,

・ひとみ径(ひとみ径=対物レンズの直径÷倍率)が小さいので,画像が暗くなる.
・視野角が小さいので目標を双眼鏡越しに見つけることが非常に困難.
・手ぶれの影響が出る.

ことから,お勧めしません.この辺りの話はこちらのページ,あるいは双眼鏡愛好会に書かれています.ご参考まで.

CIMG0239.JPG
(写真がピンぼけですみません)

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
profile
search this site.
others
mobile
qrcode